ズデナ

日本人に合ったED治療薬、ズデナの効果と効能

EDで人知れず悩んでいる男性も数多くいることでしょう。最近では優れた治療薬が販売される様になっています。

 

今回は様々な治療薬の中でも「ズデナ」について紹介します。

ED治療薬ズデナとは

「ズデナ」とは、ウデナフィルという成分が100mg含まれたED治療薬の商品名です。

 

ズデナは、2005年に、韓国の「東亞製薬」という制約会社により開発されたED治療薬「ザイデナ(ZYDENA)」のジェネリック医薬品になります。

 

「ザイデナ」は元々、前立腺肥大症の治療薬として開発された製品ですが、ウデナフィルが男性の機能に作用する成分であることが分りました。

 

その後治験を繰り返し、効果や安全性が確認されたことから、ED治療薬として使われる様になったのです。

 

元々欧米の製薬会社が開発したED治療薬は西洋人男性向きで、東アジアの人種には合わないと言われていましたが、「ズデナ」は東アジア人の体質にも合う治療薬と言われ、アジアで多くの男性の悩みを解決してきています。

 

ズデナは、現在では「バイアグラ・レビトラ・シアリス」など有名な製品に続き、「第4のED治療薬」とも呼ばれているのです。

ズデナの効果

「ズデナ」は、性行為をする時に、充分に勃起しない、勃起しても維持ができないという症状を持つ男性に有効な治療薬です。

 

思ったタイミングで勃起可能な硬さにならない、或いは挿入した時に中折れしてしまうなどの悩みを改善します。

 

効果を生じさせる為には性行為など、性的に刺激を受ける必要があるので、いつでもどこでも勃起してしまう心配はないのです。

 

「ズデナ」を服用してから30分程で効果が表れてきます。

 

効果のピークは1時間後で、そこからは並行状態になり、持続時間は12時間です。

 

性交渉をする時には、始める1時間程前から飲み始めれば、その後はしばらく同じ状態を維持できます。

ズデナの効能について

「ズデナ」で効果のある成分として注目されているのが「ウデナフィル」という成分です。

 

「ウデナフィル」は、勃起をする時に必要な酵素を保護する働きがあるのです。

 

勃起をする時には、海綿体に血液が集中して血管が拡張して、これが勃起の硬さを作り出すのです。

 

そして、血管を拡張させるには「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」と呼ばれる酵素が必要になります。

 

性行為などで興奮すると、「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」が分泌されて、血管が拡張します。

 

そして、性行為が終わり、興奮が収まると、「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」と呼ばれる分解酵素が生成されるのです。

 

この酵素が、「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を分解するので、勃起が収まるのです。

 

「ウデナフィル」は、「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」の働きを抑えて、「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を保護することで、血管が拡張し易い状態を維持できるのです。

ズデナの服用方法について

ここで、「ズデナ」をより効果的に服用する為にも、正しい飲み方を紹介します。

 

1回に服用する量は、「1錠」になり、これは「ウデナフィル100mg」分に相当します。

 

1日の服用回数は「1回まで」と定められていて、次回飲む場合には24時間空ける必要があります。

 

ズデナの服用のタイミングは「性交渉の1時間前」がベストで、なるべく空腹を避けて、水またはぬるま湯と一緒に飲むことが推奨されています。

 

また、ズデナは、食後すぐに服用すると、食べた物の脂肪分が大量に残っていて、「ズデナ」が吸収されにくくなります。

 

食後に服用する場合には、2時間空けることが大切です。

 

「ズデナ」は、日本人男性でも効果を実感し易いことで注目されているED治療薬です。

 

EDに悩んでいる男性は、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

男性器の機能不全に悩んでいる男性にとって夢のようなズデナですが、購入希望者はインターネット通販で購入することが一般的です。

 

通販だと、口コミや体験談でズデナの効果を確認できるので便利ですし、通販の方が値段も安いです。

page top