プロスカルピン

プロスカルピン(プロペシアジェネリック)育毛剤の効果

プロスカルピンは男性型脱毛症となるAGA医薬品で、男性ホルモンの働きを抑制する効果があり、男性型脱毛の治療薬プロペシアのジェネリック医薬品です。

 

プロスカルピンは、プロペシアと同様に有効成分フィナステリドが配合されていますが、フィナステリドは1997年に、日本の厚生労働省に相当する公的機関アメリカ食品医薬品局で、AGA治療薬として認可されました。

 

プロスカルピンの効果に関して具体的には、抜け毛の進行を抑制したり毛を育成することができますが、薄い部分の発毛も認識されています。

 

プロスカルピンは、通販で購入できます。

 

フィナステリドには、AGAの原因となる物質還元酵素5アルファリダクターゼの働きを妨げる効果があり、抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロンの生産量も減らすことができます。

 

ジヒドロテストステロンは、体内には存在しません。

 

血液の中の男性ホルモンとなるテストステロンが、5アルファリダクターゼと結びつくことで変換する物質で、髪の毛の生産や成長で重要な役割を果たす毛母細胞を攻撃します。

 

具体的には、ジヒドロテストステロンは毛乳頭に存在する男性ホルモンレセプターと結びつき、毛乳頭や毛母細胞の活動を抑制する脱毛因子TGF−ベータを増やします。

 

TGF−ベータは同じく脱毛因子となるFGF−5に脱毛の指令を出すことから髪が抜けるようになりますが、ジヒドロテストステロンを抑制すると、AGAは進行することはありません。

 

ジヒドロテストステロンの量が減少すると、男性ホルモンレセプターと結びつく量も減少し、ヘアサイクルが改善されるため脱毛リスクが下がります。

 

長い期間服用すると、薄い部分から発毛を期待することができますが、服用を止めると毛が抜ける可能性があるため注意する必要があります。

 

プロスカルピンは通販で購入する人が多いです。通販の口コミや体験談を参考にするのもいいと思います。値段もリーズナブルです。

page top