プロペシア

プロペシア(フィナステリド)の個人輸入

プロペシア(フィナステリド)は、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。メルク社が開発しました。

 

プロペシアは、通販の口コミでも人気の世界で多くの男性に愛用されている人気のAGA治療薬です。

 

プロペシアは、抜け毛の予防はもちろん、髪質を改善する効果もあります。

 

プロペシアは、世界の多くの男性が悩んでいるAGA症状を改善、治療していく、はじめて世界で医師による処方を認められた育毛内服薬です。

 

AGA(男性型脱毛症)とは頭頂部の脱毛症で遺伝性や生活習慣が原因だと考えられています。

 

最近、髪の毛にボリュームがなくなった、抜け毛が増えてきた、髪の毛が細くなった、お風呂上がりに頭部の地肌が透けて見える等の自覚症状があれば、プロペシアは効果的です。

 

プロペシアは、有効成分フィナステリドを含んだAGA対策の育毛剤としてよく利用されますが、プロペシア(フィナステリド)は、高い回復効果があると言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)は脱毛予防効果があります。

 

プロペシア(フィナステリド)の具体的な作用としては毛周期の正常化ですが、そもそもAGAというのは毛髪の成長サイクルが変化することによって発生する症状です。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)はAGAの原因物質で、AGAの症状がある男性は薄毛や脱毛箇所の頭皮に通常よりも多くのDHTが存在します。

 

DHTが頭皮の毛根にある男性ホルモン受容体と結合すると、成長期の髪の毛に対して退行期および休止期に移行する働きをするのです。

 

その結果、こしのない細い髪の毛が増えたり、太く長く成長する前の短い髪の毛が抜けてしまうので、薄毛になってしまいます。

 

DHTは男性ホルモンが5α還元酵素という物質によって変換されることで作られ、テストステロン→DHTの流れを泊めるために、プロペシアはDHT産生に必要不可欠な5α還元酵素を阻害することによりDHTの生成を抑制します。

 

これにより成長期間が長くなり、細くなった髪の毛にコシやハリが出たり、休止期にある毛穴も成長して新しく生えてくる髪の毛の質が向上する効果が現れてAGAを改善します。

 

根本の原因にはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が関係しており、発生メカニズムは男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼの結合とされています。

 

これらの物質が結合するとDHTに変化しますが、DHTに変化した場合に強力な脱毛作用を持つと言われているのです。

 

そして毛周期を変化させてしまい、構成要素の一つである成長期を短くします。

 

本来なら3年から5年程度の成長期であるところ、DHTの作用で1年程度になり、それによって毛髪が育たなくなり薄毛が目立っていくのです。

 

プロペシア(フィナステリド)を飲んだ場合、DHTの発生要因である還元酵素の分泌を抑制することができ、結果的にDHTの発生も抑えることができます。

 

そして乱れていた毛周期も元に戻され、健全な成長期になり発毛し易くなるとされています。

 

プロペシアを使うことで効果が出る男性はかなりの割合いますが、AGAの改善効果は個人差があります。

 

しかしAGAは放置しておくと進行しますし、何もしなければ薄毛は進行します。

 

だから、少しでも抜け毛や薄毛が気になる男性はは早期にプロペシアでのAGA治療が大切です。。

プロペシア(フィナステリド)の飲み方

18歳以上の男性はプロペシア(フィナステリド)を1日1回0.2mgを服用してください。必要に応じて1mg/日を上限に増減可能。

 

上記、1日1回0.2mgでの服用開始は日本で承認されているフィナステリドの用法であり、海外では一般的に1回1mgの服用が推奨されています。

 

日本国内のAGAクリニックでも海外の1回1mgの服用が推奨されています。

 

食前、食後いつでも服用しても効果は、大丈夫です。

 

どんな薬でも同じですが、効果を得るには、毎日服用を継続することが大切です。

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルを同時利用で相乗効果

プロペシア(フィナステリド)だけで薄毛を改善するのは難しく、その理由は発毛を促進する作用を持っていない薬だからです。

 

そこで役立つのがAGAに有効性がある発毛促進剤ミノキシジルです。

 

ミノキシジルは発毛を促進する作用を持つ発毛剤ですので、プロペシアが持たない発毛作用をカバーする為に役立ちます。

 

ミノキシジルの効果としては血流の促進なのですが、血管を拡張させることによって血流が良くなるという強みがあります。

 

その他の発毛剤にも血流を良くする成分が配合されていますが、さほど大きな効果には期待することはできません。

 

その点、ミノキシジルの場合は血管を根本的に拡張して血流量をアップしますので、毛根への栄養供給も活発に行えるようになります。

 

そして十分な栄養が供給されることによって毛乳頭細胞の活動が活発になり発毛を強力に効果を促進することができるのです。

 

その力は非常に強く、弱々しい産毛を太く成長させることも可能とされていますので、従来の発毛剤とは比較にならないほどの効果がある言われています。

 

このように両者にはそれぞれの役割がありますが、お互いに違う作用をします。

 

そして、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルを同時に活用することで相乗効果によって強力に薄毛やはげを改善していくことができ、AGA対策のポピュラーな方法になっているのです。

 

最近では、通販でも安い値段で購入できます。

page top