デュタステリド

デュタステリドは、5αリダクターゼの抑制効果が高いAGA治療薬通販

デュタステリドは、AGA(男性型脱毛症)の対処薬です。

 

デュタステリドは、本来は前立腺肥大症のために開発された治療薬ですが、AGAへの有効な効果がわかり、薄毛の改善薬としても認可を受けています。

 

薄毛の原因はAGAだけではなく、生活習慣やストレス、髪を痛める間違ったヘアケアなどの要因が絡んでいる場合もあります。

 

デュタステリドが効果を発揮するのは、AGAが原因の薄毛です。

 

多くの男性の薄毛の原因がAGAにあることを考えると、体質的な薄毛に対して根本対処する治療薬と言えます。

 

AGAの発症原因については、男性ホルモンの「テストステロン」と、還元酵素の「5αリダクターゼ」の関与が明らかになっています。

 

テストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで、強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

 

DHTはヘアサイクルに影響を及ぼし、発毛や育毛を妨げる原因物質になるため、薄毛症状が引き起こされる恐れがあります。

 

5αリダクターゼを抑制する作用がデュタステリドの効果です。

 

これによりDHTへの変換を妨げることで、薄毛の原因を解消し、AGAの進行を抑える効果が期待できます。

 

同じように5αリダクターゼを抑制するAGA治療薬として、フィナステリドがあります。

 

治療薬としてはフィナステリドの方が一般的ですが、デュタステリドとは効果の度合いが異なります。

 

5αリダクターゼにはT型とU型があります。

 

T型は体毛全般に存在しますが、U型は頭髪やヒゲなどの部位により多く存在します。

 

特にU型がAGAの発症に大きく関与していると考えられており、フィナステリドはこのU型を抑制します。

 

一方、デュタステリドは、T型とU型の両方を抑制する作用・効果があります。

 

しかもU型の抑制効果に関しては、フィナステリドよりも強力に作用します。

 

口コミや使った体験談等で効果を参考にできるので、デュタステリドを通販で購入する人が多いですね。

デュタステリドの効果・効能

デュタステリドは、フィナステリドの効果をさらに高めた治療薬になっている点が特徴です。

 

このことにより、フィナステリドで十分な効果が出なかったAGAの患者に対して投与されるのが一般的です。

 

従来の投薬治療で効果が十分に出なかった場合でも、デュタステリドで効果が高まる可能性もあります。

 

デュタステリドを使用する際は、フィナステリドと同様に男性向けの治療薬であることを理解しておく必要があります。

 

デュタステリドは、女性は原則として利用できない薬であり、特に妊娠中や授乳中の女性は、胎児への影響を考えて絶対に使用を避ける必要があります。

 

自分で服用しなくても、家族が利用している場合などに、薬に触れることで経皮から吸収してしまうリスクもあります。

 

女性は、薬自体に触れないようにすることも大切です。

 

男性が利用する場合にも、性欲減退や肝機能障害の副作用には注意が必要です。

 

医師の指示のもとに、服用方法や用量を守って使用することが大切です。

 

たとえ効果の高い治療薬でも、薄毛の改善までには一定の時間がかかることへの意識が重要です。

 

飲み忘れなどで、一度にその分まで多く服用するようなことは、副作用のリスクが高まる危険な行為です。

 

継続使用する中で、身体的に不具合を感じた場合は、服用をストップして速やかに医師に相談することが大切です。

 

医師から服用を認められた男性が、その指示を守って使用するのであれば、デュタステリドは一定の安全性に優れた治療薬です。

page top