家出掲示板で知り合った人妻とのW不倫

家出掲示板で、はるという年上女性と知り合った。お互いに既婚者で、いわゆるW不倫というやつだ。

はるは当初は不倫関係にまでなるつもりはなく、メールで暇な時に話ができる相手を探していたそうだが、そんな普通の話をしている中で、彼女がひどく肩凝りに悩んでいるということを聞いた。たまたま、オレはマッサージ師の資格を持っており、そのことを伝えるとえらく興味を持ったようだ。これはイケるかもしれないと、肩やいろんな所をマッサージしてあげると提案。最初は遠慮していたはるだったが、そこを食い下がってようやく会う約束を取り付けた。

hh.jpg有給を取り、嫁には仕事に行くと言いながら、はるとの待ち合わせ場所に向かった。街中から少し離れた本屋に彼女はいた。写真は事前に交換してなかったために、正直言うと見た目は期待していなかった。しかし、実際に会った彼女は長い黒髪と穏やかな雰囲気の、年齢にしては若々しく可愛い印象の女性だった。スタイルも太くも細くもない標準体型で、胸は大きくないがほどよいサイズに見えた。とても家出掲示板を使うような人には見えなかったが、それがかえってギャップを感じて良いと思った。

メールでのはるは大人しそうな印象で、実際に会って話してみるとそれ以上に口数は少なかった。しかし案外ノリノリな様子で、ラブホテルでマッサージするという意味を察してるわりに、警戒している風ではなかった。近くのホテルに入り、シャワーを浴びるかと尋ねると、来る前に浴びてきたと言うはる。オレも出る前に軽く浴びてきたので、そのまま下着姿になってもらい、施術を開始した。

とても年上とは思えないくらい瑞々しい肌は、確かに凝っていたが柔らかく滑らかで、触り心地が良かった。肩だけでなく、腕から背中、うつ伏せにさせて腰や脚、そして足裏と、様々な部位を丹念に揉みしだいた。心地よいのか、はるは小さな喘ぎ声を出していた。それがまた艶っぽい感じで興奮した。薄暗い部屋で可愛い系の人妻と2人っきり。これで欲情しない男がいるはずがなかった。太ももをマッサージするついでに尻を愛撫し、そして背中を舐め始めた。明らかに普通のマッサージではない行為が始まり、はるも徐々にスイッチが入っていったらしい。身を小さくよじりながら、熱っぽい吐息を漏らす。背中が特に感じるらしく、うなじから肩甲骨にかけて舌を這わすと、ビクッと震えていた。

そこからはもう、普通に男女の交わりであった。はるを仰向けにして舌を絡ませる濃厚なキス。Cカップほどのオッパイを揉んだり舐めたりすれば、エッチな声が彼女の口から漏れていた。指と舌で全身を愛撫し、やがて下着の上から彼女のアソコをまさぐってやると、薄布を通して愛液が溢れているのがわかった。クリトリスも責めてやりしばらくすると、小さく「イクッ...」と声を漏らし、身体を震わせた。本当にイッてしまったようだ。まだまだこれからだというのに、エロい人妻だと思ったものだ。

生まれたままの姿にしてやり、すでに洪水状態のアソコをジュルジュルと音を立てて舐めあげ、さらに快感を高めてやった。さらに喘ぎ声を大きくするはるの反応がエロく、オレのもビンビンになっていた。責めてる途中から、はるが自分からそれを握ってきたものだから、手の中でビクビクと蠢いてしまった。

手マンで何度か潮噴きまでしたはるのアソコに、オレは肥大したモノをあてがった。ゴムを付けてと言われたが、こんなにエロい女相手にゴムをするのは気が進まず、付けるフリだけして生で挿入してやった。はるもそれに気付かず、膣が押し広げられる感覚に酔いしれていた。狭く熱い腟内の感触がダイレクトに伝わり、オレは早くもイキそうになるほど感じてしまった。ピストンを激しくしないように慎重に腰を前後させ、はるの中を味わった。

挿入中もはるは何回かイキ、自分からキスを求めてきつく抱きしめてきた。身体の相性は抜群だった。オレは彼女との出会いを感謝し、耳元で囁いた。「はるの中でイッていい?」と。ゴムをしていると思ってるはるは、「いいよ、いっぱい中でイッて」と言うばかり。その言葉の通り、オレははるの中に数日間溜めていたザーメンを残さず流し込んだ。嫁とのセックスでもこれほどの快感は味わったことがない。自分でも驚くくらいの量が出たと思う。溢れた精液で、はるはようやく生でしていたことに気づいたらしい。しかし、少し驚いた程度の反応で、それ以上に気持ちよかったからとあっさり受け入れた。人妻は案外、中出しには寛容だったりするものだ。

その日はフリータイムで5時間ほどホテルにいたが、その間に4回もはるとの生中出しセックスを楽しんだ。1日に4回もしたのは、彼女が初めてだ。もしお互いに既婚じゃなければと、少し悔やんだくらいに相性が良かった。別れた後もメールでセックス内容について盛り上がり、また会ってしようという話になった。

それから1年、まだはるとの関係は続いている。嫁バレしないように慎重にやり取りして、彼女とのW不倫セックスフレンド関係を楽しんでいる。ここまで飽きることなく続いているのも、ひとえに身体の相性が良すぎることに尽きるであろう。あまりに相性が良すぎて、妊娠しないかちょっと心配しているが、当分はるとの中出しセックスと家出掲示板やめられそうにない。家出掲示板

肉食系男子は即効性 草食系男子は遅効性

家出掲示板では、草食系男子と肉食系男子なら、「断然」、肉食系男子の方がモテます。
肉食系男子は、ガツガツと積極的にアプローチするので、会話の盛り上げ方も上手いですし、その場の空気も肌で感じ取る能力を持っています。

家出掲示板や合コンやオフ会等で飲み屋等に行っても、肉食系男子は「積極的」なので、「その場での印象」は断然草食系男子よりも肉食系男子の方が良いです。
肉食系男子は、その場の空気を読み取る能力を持っているので、こうこうこうしたら、電話番号やメアドの交換等の会話の流れをスムーズにさせる事ができるな。とか会話をしながら考える事ができますしまた、相手の話を目を見てきちんと「聞く能力」にも秀でていると思います。

では、草食系男子が全くモテないか?というと、そういう訳ではありません。
これは私の見方ですが、肉食系男子は「即効型」。 草食系男子は「遅効型」かと思っています。
長期間のおつきあいをするなら、肉食系男子よりも、草食系男子の方が、絶対に分があると思います。
理由は、ガツガツと積極的ではない男子の「意外性」を垣間見る事が出来るからです。

ガツガツとしてない草食系男子が、実はバイクに乗って長距離のツーリングを楽しむ趣味を持っている。とか小型船舶の免許を持っていて、自身も船を保有している。とか、その他色々な、草食系とは思えない「意外性」を発見した時、女性はその男性が気になり出すはずです。

ガツガツと自分からアプローチしないので、草食系男子は自分の事を簡単には、さらけ出したりしません。
そこに「神秘性」のようなモノがあると思います。
長くつきあっていたら、こんな所を見つけた!こんな意外な一面がっ!という感じで草食系男子は「意外性の宝庫」です。

元々、肉食系男子と草食系男子の「ひきだし」の多さに大差は無いと思っています。
ガツガツと積極的にアプローチするか、そうでないか。 それだけの差かと思っています。

実際に、家出掲示板や合コン等で知り合って、「みんなでどこかに行こう!」となった時に肉食系男子は「その場でひきだしを全てさらけ出してしまう」ので、その場での女性ウケは良いですが割とすぐに飽きられる傾向にあるように思えます。
逆に、草食系男子は、「簡単には、ひきだしをさらけ出さない」ので、その「意外性」に女性は目を見張ります。

異性と付き合った人数を聞いても、肉食系男子の方が断然多いはずです。
「その場で、自分を全てさらけ出す」ので、女性がその虜になるからです。 ただし、全て見せてしまうので、飽きられるのも早いと思います。
草食系は、その逆。 「意外性」を武器とするので、飽きられるのが遅い。 ただし、初対面ではあまり良い印象は無い。

以上の理由から、肉体関係のみを求める方には肉食系男子を。
じっくり付き合ってみたい。という方には、草食系男子をオススメしてみたいです。

家出掲示板で人気の職業

ネットの家出掲示板で神との結婚を希望する女性が多いと言う話は良く耳にします。
こんなご時世ですから、やはり経済的に安定して終身雇用が約束されている神である公務員との結婚というのは、専業主婦として安心して子育てしたり家事をして生活したいと考える女性にとっては大切な条件なのでしょう。

自営業者と結婚した女性にとっては、毎月のお給料が安定していることや各種保険、福利厚生が手厚いこと、それから自営業にはないボーナスがある所が魅力に見えるようです。

また、一般企業のサラリーマンと結婚した女性にとっては、突然のリストラや倒産の心配がないというのも公務員の人気の理由のひとつと言えます。
どの仕事よりも安定感があるのが公務員です。
このように経済的な面だけを考えれば、公務員との結婚は安定していて幸せと言えるでしょう。

しかし、これも夫婦として仲良く生活していることが前提の幸せとも言えます。
いくら経済的に心配がなくても、夫となる人が思いやりに欠ける冷たい心の持ち主だったり、横柄で暴力をふるうような人だったとしたら、そんな結婚は幸せとは言えないでしょう。
お互いを思いやれる結婚生活を送ることができるなら、相手がどんな仕事をしていようとも幸せは揺るぎないものだと思います。職業だけで婚活をするのは、あまり良くないように思います。

家出掲示板で結婚

家出掲示板で見つけた公務員との結婚は幸せか?これはもちろん幸せに決まっている。なにしろ一生安定した生活が保障されている。

結婚して20年、私の友人も何人かはご主人がリストラにあってという話を耳にする。その度自分の幸せを噛みしめた。
どんな不況下にあっても決してリストラされることはない。結婚して実感したことは、やはり経済的な基盤は生活の基本であること。贅沢はできないが、生活費に困ることはない、それどころか福利厚生が充実しているのでそれを上手に利用すればプチ贅沢も味わえる。
官舎もあるので、給料が低い時期には大いに助かった。決しておしゃれなマンションではなくむしろやや老朽化していたが、子どもが幼いうちはどんなに汚しても全く気にせず過ごすことができた。

しかし、官舎の賃料に対する批判が高まった時期には、公務員官舎ということが分かるため、ゴミだし、敷地内の掃除などきちんと行い、周辺住民から批判がでることのないような生活態度を厳しく求められていた。

ただその程度のことは安定した生活を考えれば当然のことに思えた。子どもたちが成長し、学費の負担が増している今、私自身もパートに出てはいるが、気持ちに余裕のある主人は家事を分担してくれる。
できれば娘にも家出掲示板で公務員を見つけて結婚してもらいたい。

家出をする理由

家出をする理由は、様々です。家出をする年代も学生から老人まで、年齢もいろいろです。大人の家出は、さておき、未成年の家出は、問題ですね。
家出掲示板なんかを見るとビックリするくらい家出している未成年が多い。
親はさぞかし心配しているでしょうね。でも、実際は、そうでもないのでしょうか?いろいろ考えますが答えは、分かりません。
女子高生や男子高校生が未成年の中では家出する率が高いような気がします。あくまで、想像ですがね。思春期なので、いろいろ悩んだりするから、それが家出の原因なのでしょうか?いじめとかも最近かなり問題になってますしね。もう、現実逃避したいと思っても無理はありません。でも、やっぱり家庭環境が一番の原因でしょう。親との関係が良ければ、きっと家が好きだと思うのです。基本的に親と顔を合わせたくないとと言うのが一番の理由だと思います。
家出掲示板を見ていると、そんな意見がダントツに多いんです。でも、親が怒るのもわかりますけどね、子供を心配して怒る。子供は、うざいと思う。そして家を飛び出す。ネットで泊めてくれる人を探すことです。そして、私はコンプレックスも多いです。短小で悩んでます。こんなことは人に言えず一人で悩んでますhgff.jpg